ヤーコンの生育

ヤーコンの生育にとって酷暑と冬の凍り付く寒さは苦手としています。

霜の終わった時期に、ヤーコンの苗を畑に植え付けますが、

関東以西の温暖地では夏になると生育は停滞し、秋涼しくなると

再び活発になります。

ヤーコンの地上部の生育の回復に伴い芋が大きくなり、10月〜

12月に急激に大きくなり、収量は12月に最大となります。

しかし夏の涼しい北海道や東北及び高冷地は11月には収穫し

なくてはなりません。夏にほぼ順調に生育しますので、温暖地より

も多くの収量が得られます。

ヤーコン芋の大きさは平均200gですが、中には1kgを越す

ものもあります。

芋の皮色は初め淡褐色ですが、光に当たると赤くなってきます。

肉色は種類によって異なりますが、白からオレンジ色の物まであります。

秋の終わりから冬の始めに、稀にヒマワリを小さくしたような4cm

程の黄色い花を咲かせます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/58551168

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。