ヤーコンの成分特性

近年の研究で、ヤーコンには、食物の中でもっとも多くのフラクトオリゴ糖

を塊根と塊茎に含んでいることがわかりました。

芋の成分の組織は芋の成熟によって変化し、成熟につれて果糖、

ブドウ糖の単糖や蔗糖が減少し、フラクトオリゴ糖の割合が多くなります。

そしてフラクトオリゴ糖の中でも、機能性にとんでいると思われる成分が

多くなり、地上部が枯れるほど収穫を遅らせることで機能性の高いフラクト

オリゴ糖を含んだ芋を得ることが出来ます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/58551748

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。